カテゴリー別アーカイブ: 誘惑

パトロンの意味

大学のサークルでようやく私にも彼氏ができました。見た目は地味だけど、性格が良くて、一緒に過ごすと落ち着くみたいな感じです。
ある日、彼氏とデートをしているとクラスで1番美女のマイが男性の人と手を繋いで歩いている姿を見かけました。だけど、マイはとても美人なのに一緒に歩いている男性は私の彼氏みたいな感じで地味で年齢も上のように感じました。マイみたいな女性ならもっとイケメンの彼氏と付き合えばいいのになと思ってしまいます。もしかしたらマイは見た目ではなく性格で付き合う男性を選んでいるのかなと思いました。
それからしばらくしてマイと2人でカラオケに行きました。
パパ活してセックス
その時に前に見かけた男性の話をしてみると「彼は私の彼氏じゃないよ。あんな地味な人は私には向いていない。」その言葉に私の彼氏を思い出してしまったけれど、その後マイから意外な言葉が出ました。「あの人はパトロンなの。」パトロンの意味を知らない私はマイにパトロンの意味を尋ねると、まさか援交みたいなことをしていることに驚いてしまいました。さらにマイは「驚く事は無いよ。だって私の友達もパトロンしている人何人かいるし、今ではやっている人がどんどん増えているみたいだよ。あなたもやってみる。」彼氏を裏切る行為はしたくない私は断ったけれど、私みたいな女性でもパトロンが作れるとマイから聞いて本当に驚きです。今の彼氏ともちろん別れるつもりはないけれど、もし何かあったらパトロンでも作ってみようかなと思ってしまう私でした。
パパ活掲示板
熟女とデート

テレフォンセックス

好きな子に告白して、付き合うことになったんだけど、初エッチでちょっと問題発生。
一応、遠回しに旅行に誘ったんだけど「泊まりはちょっと」って断られちゃった。
だけど、付き合ってそろそろ・・・いいタイミング測ってるんだけど、ここで断られちゃうと次どう誘っていいか分かんなくなってさ。
そしたら、彼女の方からテレフォンセックスを提案されたんだよ。
「電話だったら、顔見ないから緊張しないでいいし、取り合えずお試しって感じでできると思う」って。
テレフォンセックス、何気にハードル高いよな。
俺も、昔付き合ってた人とテレフォンセックスしたことあるけど、電話でイチャイチャの延長みたいな感じだったんだよね。
セフレが欲しい弱みに付け込まれTwitterの裏垢女子にホ別3払った結果
「テレフォンセックスしよう!」って宣言してからするようなもんじゃないっていうか。
まぁ、電話でイチャイチャするだけって考えればいいのかなって思ってそのつもりでいたわけ。
それで、電話で彼女の可愛いところとか、好きな部分とか言ってあげたり、その後で「頭ナデナデしてあげたい」とか「ぎゅっとハグするといい匂いがする」とか、そういうことを言いつつ・・・
なんとなくテレフォンセックスに持って行こうとしたんだけどね。
「○○くん(→俺)って、どういうセックスする人?」っていきなりダイレクトに聞かれたんだよ。
え?ってびっくりしてたら、「ほら、いきなりベッドにダ~イブするような人もいるし、ゆっくり雰囲気作ってからって人もいるじゃない?どっち?」って。
そこ・・・大事かな?
即会い
素人女性をセフレにする

愛人募集掲示板

「アイドルデビューするから」
と、愛人募集掲示板で知り合ったナナちゃんが告げてきた。
「アイドルデビューするんだってよ」
と、僕のダチであるアオキくんが言ってきた。
「アイドルデビューするらしいんだよ」
と、僕の師匠であるナカダさんが教えてくれた。
僕たち3人は、それぞれ愛人募集掲示板で愛人を見つけたつながりがある。まあ、偶然でも何でもなくて、僕が声をかけたナナちゃんが「友達も連れて行っていい?」と言ってきたので、こちらもアオキくんとナカダさんを呼んで、3対3で遊んだわけだ。
ただ、3対3で会ったのは最初の1回のみだ。以降は、僕は本来の目的だったナナちゃんとピンで会うようになった。他の二人がどうしているかは聞いていなかったのだが、そのまま、アオキくんとナカダさんとつながったらしい。
そして、それぞれ僕たちの愛人は、友達同士のままで、この度ユニットとして地下アイドルデビューすることになったんだとか。
「小学生の頃からの夢でさ。年齢的にもギリギリだから若いうちにやりたいことやっておこう、と言う話になったんだよね」
愛人契約
今日も、ナナちゃんと一発終えた後に、ベッドの中で彼女が淹れてくれたコーヒーを飲みながら、そんな話に耳を傾けていた。
いや、別に愛人やってる人が、アイドルデビューしてはならないという法律はない。しかし、僕たちに腰振ってお金もらっている彼女たちが、地下とは言えファンに夢とロマンを与えるアイドルになるのはどうなのだろう?
「大丈夫、大丈夫。そう言うスキャンダル的なものは、デビュー前にもみ消しておくから」
何を言っているんだ、彼女は?と考えているとなんだか急に眠気が襲ってきた。口にしたコーヒーをこぼしそうになりながら、ナナちゃんを見ると彼女は不敵な笑みを浮かべながら、僕に何かを伝えてきた。。。
・・・
その3か月後、僕はライブ会場でアオキくんとナカダさんの3人でサイリウムを振っていた。
「これからは、チケットや握手券をたくさん買ってくださいね」
あの夜のナナちゃんの言葉通り、僕たち3人は彼女たちが結成したアイドルユニットの推しをやらせてもらっています。
無償でお金ください
サポ掲示板